所長のブログ [記事一覧]|2016年08月

印紙を間違って貼ってしまったら?

2016年08月29日

契約書や領収書などに貼る収入印紙、誤った金額の印紙を貼ってしまったり、貼る必要のない文書に貼ってしまったりした場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

未使用の印紙や、白紙や封筒に貼ってしまった印紙は、郵便局で所定の手数料を払うことにより、他の収入印紙と交換することができます。
が、いったん契約書や領収書に貼ってしまった印紙は、郵便局で交換することはできません。

納税地の税務署で、「印紙税過誤納確認申請書」に記入して、誤って印紙を貼ってしまった文書とともに提出し、後日、銀行または郵便局の口座に還付を受ける、という手続きをとる必要があります。

還付の対象となるケースは、以下のとおりです。

①請負契約書や領収書などの印紙税の課税文書に貼りつけた収入印紙が過大となっているもの(必要以上に大きな金額の印紙を貼ってしまった。)
②委任契約書などの印紙税の課税文書に該当しない文書を、印紙税の課税文書と誤認して収入印紙を貼りつけてしまったもの(貼る必要のない文書に貼ってしまった。)
③印紙税の課税文書の用紙に収入印紙を貼りつけたものの、使用する見込みのなくなったもの(必要な印紙を貼ったけれど、文書そのものを使わなくなってしまった。)

ただし。。

上記は、収入印紙を、「印紙税の納付」のために、使用した場合です。

収入印紙は、「印紙税の納付」のほかに、登録免許税やパスポート引換えの際の手数料、または訴訟費用の納付等、「行政手数料の納付」のためにも、使用されます。
後者の場合、例えば、登記申請を取りやめたり、誤って所定の手数料の金額を超える額面の印紙を貼ってしまったりした場合でも、原則として、印紙税の還付を受けることができません。

なぜなら、その印紙を購入するために支払った金額は、あくまで、「印紙税」ではなく、「行政手数料」なので、「印紙税の過誤納」には該当せず、よって、「印紙税の還付」もできない、とのことです。

実は、私自身、行政手数料の納付の目的で使用する際に、誤った金額の印紙を貼ってしまい、どのようにして還付を受けるのか、調べたのですね。。

郵便局で聞いても、「交換はできません」、税務署に電話して聞いても、「行政手数料の場合は、還付の対象ではないんです」と言われ、少々高額の印紙だったので、どうしたものか、と所轄の税務署に足を運んで、直接相談したところ、「印紙税の対象ではない文書に、誤って、印紙を貼ってしまった。」ということにして、還付の手続きを取ってくれました。

行政手数料を支払う手段として、誤った金額の印紙を貼ったのではなく、印紙税を納付する必要がない文書を、印紙税の課税文書であると誤って、印紙を貼ってしまった、ということにしてくれたのですね。

収入印紙は、誰にとっても身近なものだと思いますが、奥が深いです。。。

残暑お見舞い申し上げます

2016年08月09日

今年は梅雨明けが遅かったせいか、まだまだ夏本番の暑さが続きそうですが、暦の上では立秋を過ぎ、「残暑」の時期に入ったようです。
まもなくお盆、旅行に出かけたり、故郷に帰省する方も、多いのではないでしょうか。

私は、早朝にランニングをするのが趣味なのですが、最近は、朝5時台に走っていると、スーツケースや大きなリュックを持って、出かけていく人たちの姿を目にします。

大きなスーツケースを押しつつ、なんとなく楽しそうな雰囲気で出かけていく二人連れを見ると、どこの国に行くのかな、と思いを馳せたり、リュックを背負った家族連れを見ると、どこかの山にハイキングかな、それとも、帰省かしら、と想像を膨らませたり。

近年の暑すぎる夏は、あまり好きではありませんが、気分的に、明るく楽しい気分になる季節ですよね。
一年のうちで、一番好きな季節、かもしれません。

前回のブログでご報告したとおり、私は、早めの夏休みをとり、北陸旅行に行ってきました。
ここ数年、年に一度は海外旅行を、と夏は海外に出ていたので、何年かぶりの国内旅行でしたが、おいしい食事&温泉の楽しみは、国内旅行ならでは、ですね。

金沢→能登半島→東尋坊→白川郷、とレンタカーでぐるっとまわり、海と山の景色、美味しい海の幸とお米(日本酒)、温泉を、満喫してきました。

特に、今回の旅で目覚めたのは、ご飯と日本酒の美味しさ!
私は、パンとチーズとワインがあれば満足で、外国に行っても、日本食が懐かしくなることはほとんどないのですが、今回の旅行で食べた白いご飯と日本酒が、おいしくて、おいしくて。
今まで私は、お米の銘柄など、どこでもあまり変わらない、程度に思っていたのですが、全然、違うのですね。

今年は、北陸の市町村にふるさと納税をして、お礼の品として、お米や日本酒をもらおうか、、などと、考えてしまいました(笑)。

ふるさと納税は、お礼の品合戦になっているとか、税収が都市部から地方に流れているとか、色々と問題点も指摘されているので、今後、何らかの規制がかかる可能性もあるのかな、と個人的には考えています。が、納税者としては、非常に利用価値の高い制度なので、ぜひぜひ、継続してほしいと思います。

さて、夏休み、思いっきりリフレッシュしてきたので、また気持ち新たに、仕事をがんばります!


20160809-img_20160730_143402.jpg